試験に向けてケアマネになるまでのプロセスを知ろう

ケアマネの試験に向けて

ケアマネの試験に向けてについて

当サイト「ケアマネの試験に向けて」ではケアマネになるためのプロセスを紹介しています。実際にケアマネを目指す人はもちろん、なんとなく介護業界で仕事をしようと考えている人にもぜひ閲覧していただき、ケアマネについての理解を深めてほしいと思います。ケアマネは介護の中でもスペシャリストとして認められる資格ですので、転職などにも非常に有利になります。

Date最適なサービス提供のためのモニタリング

  • ケアマネの試験事情が知りたい!

    ケアマネになるためには合格率15%〜20%という決して簡単ではない試験に合格し、87時間の実務研修を受けなければなりません。そして2015年には受験資格が改定され、より価値の高い資格となっていきます。このようなケアマネの試験事情として知っておかなければならないことは試験を受ける前からいくつかあります。受験資格やどのような勉強をすれば良いのか、そしてその難易度からどれくらいの覚悟を持って臨まなければならないのかなどを知っておきましょう。

  • 改めて仕事内容を確認しよう!

    ケアマネの仕事内容に関してはぼんやりとこんなことをしていくとわかっているかもしれませんが、詳細にどういったことを意識してどのような目的で仕事をしていくのかという点は理解していない人もいるかもしれません。ケアマネの仕事内容について改めて確認しておきましょう、ケアマネはインテーク、モニタリング、アセスメントなど利用者に適切なサービスを提供するための業務がいくつもあります。試験に合格することも大切ですが、仕事内容も意識して勉強できるとより良いはずです。

  • ケアマネの将来性や転職事情は?

    ケアマネは介護業界の仕事となりますので、ニュースなどでも多く取り上げられていますが超高齢化社会に突入していく日本にとって欠かせない役割を担っています。ケアマネだけではなく介護業界で働く人全般に言えますが、その将来性に関しては国が力を入れていくことになりますので明るいことが想像できます。そしてケアマネはその中でもスペシャリストと言えるため、将来性はもちろん、転職事情などを良く知っていくことで一層活躍の場が広い仕事とも言えます。

知って損はない

「ケアマネの試験に向けて」はケアマネの資格取得に際して様々な準備や知るべきことなど、利用者にとって有益となる情報を配信していきます。【MailForm】